300万でいけるブライダルエステ
ホーム > 消費者金融 > 消費者金融のカードローンの仕組み

消費者金融のカードローンの仕組み

消費者金融のカードローンの仕組みを紹介します。

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中であれば何回でも借り入れや返済を行うことができるというものです。

毎月決まった日時の借入残高に対して利息が計算されて返済日に引き落としされる「約定返済」が基本の返済方法となります。

引き落される金額は借入した残高によってランク分けされていてその金額の範囲内で利息分を差し引いた後の金額が元本の返済となります。

ですから、利息の計算日までにできる限り元本を減らしておくことが利息をできるだけ安くする有効な方法と言えます。

返済方法には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はボーナス時等にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

金融機関で高評価を得る要素は低金利、スピード審査、手数料が安いなどといったことが挙げられます。

とはいえ消費者金融の場合、総量規制が関与してくるのでサービス内容で差をつけるのは難しく借入限度額に関しても、借り手によって左右されるので大きな要因にはなり得ないと思われます。

人気ランキング上位を見てみるとどの消費者金融も審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差はありません。

それよりも、スムーズに手続きが完了するかということや自動契約機があることや提携ATMが多いことのほうが評価されるポイントになっています。

又、テレビなどのCMに起用されているタレントさんのイメージやCM全体を通して伝わってくるイメージも大きく影響しています。

各消費者金融業者の借入れの条件や詳細なデータはインターネットのランキングサイトを見れば一覧することができます。

消費者金融ごとにまとめてくれているサイトもあれば一覧表で見やすくしてくれているランキングサイトもあります。

各消費者金融についておすすめポイントなどを記載し紹介しているサイトもあるので消費者金融に詳しくなくても、簡単に比較することができますので非常に便利です。

しかも公式サイトへのリンクを貼って誘導してくれるサイトが普通なのでランキングサイトを見てすぐに手続きをすることができます。

又、一覧サイトの中には、申し込み時の記入方法や審査をクリアするためのコツなども紹介してくれていたりするので、是非積極的にご利用ください。

お金を融資してくれる金融機関は数多ありますが大きく分類すると銀行とノンバンクに分けられます。

ノンバンクと呼ばれるものは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などがあります。

クレジットカード会社や信販会社は商品代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内でキャッシングサービスの提供も行っています。

一方、消費者金融とは貸金業専門になり限度枠内ならば何度でも借り入れと返済が可能なことが特徴です。

銀行と消費者金融が大きく違う点は業務内容です。

銀行は金融以外に為替や証券取引など幅広くサービスを提供しています。

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンには違いがあります。

それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットはなんといっても審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比べると高金利なことや、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法というそれぞれ別の法律の規制がかけられているのですが貸金業法には総量規制があります。

これは、借り過ぎに歯止めをかけるために制定された規制で借り手の年収の1/3を超えてはいけないというものです。

ただし、住宅ローンのような担保があるローンは除外されカードローンやキャッシングのような無担保ローンにだけ適用される規制です。

お金を借りる方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているカードローンと消費者金融が提供しているカードローンの2種類があります。

銀行カードローンのメリットはなんといっても金利が低く、貸出限度額も大きいのですが審査は厳しめとされていますので、比較的属性が高い人におすすめのカードローンです。

一方、消費者金融のキャッシングはというと、金利が高めで、最大貸出限度額も低く、借りる人の収入や借入れ状況によっても限度額に差がでます。

消費者金融の方が銀行カードローンよりも諸々の条件で不利ですが、銀行と比較すると、消費者金融のキャッシングの方が審査に通りやすいため属性に自信が無い方でも審査に通る可能性があります。

また、審査結果もスピーディーで、即日融資も可能ですからとにかく急いでお金が必要!という方にとてもおすすめです。

消費者金融は貸金業という法律がありますので銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。

金融業において貸金業法と銀行法が何が一番違うかというと貸金業法には総量規制という融資金額のリミットが設けられていることです。

総量規制は、年収の3分の1を超える融資を不可とするもので総量規制によって、借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

そのため、専業主婦などは消費者金融に借り入れ申請をしても仮審査も通りません。

その一方で、銀行は銀行法によって規制されているため総量規制がありません。

専業主婦の方でも利用することができます。

カードローンを申し込むにはいくつか方法があり一般的には、電話やインターネット、郵送などで申し込むことができます。

郵送の場合は、店舗や電話にて申込書をもらい必要事項を記入後、送付し審査結果を待ちます。

問題無く審査に合格しましたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが行われて、ローンカードがお手元に届くという流れになります。

ちなみに、ネット経由の申し込みではローン会社のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけでOKです。

審査通過メールが届いたら記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップすれば審査完了となる「web完結」が主流です。

【PR】 https://www.globaltouristblog.com/