300万でいけるブライダルエステ
ホーム > 消費者金融 > 近頃の消費者金融での借入は怖くない

近頃の消費者金融での借入は怖くない

近頃の消費者金融といえば法律の改正やCMでのイメージアップ効果によって堅気じゃない、ブラック企業、恐ろしい...というイメージから払拭されていると言えるのではないでしょうか。

最近は就職先としての人気もうなぎ上りのようなので消費者金融業界の知られざる業務内容や労働条件を詳しく解説していきましょう。

業務内容について紹介すると、まず債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者には電話やメールにて督促を出します。

就職に際して取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。

肝心の年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成などといった成果を上げることでボーナスが期待できます。

消費者金融は貸金業と言う法律で規制されていますから銀行を規制する銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

貸金業法と銀行法の最も大きな違いは貸金業法には融資金額の制限がある総量規制があることです。

総量規制は、個人の年収の1/3を超える金額の融資を禁止するもので総量規制によって、借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

そのため、無収入の専業主婦などの人たちは消費者金融を利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。

ちなみに、銀行には銀行法がありますから総量規制がありません。

専業主婦の方でも利用することができます。

消費者金融というと借りる時はすぐ貸してくれるけど返済が遅れたら取り立てが凄いというイメージを持つ人は多いと思います。

昭和の時代は、強引な取り立ても多かったのですが近年は法律が改善されたことにより、そのようなことはありません。

金利は銀行カードローンより高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のほうが圧倒的に多いです。

借入や返済もコンビニで簡単に行える上、ATM手数料が無料の場合が多いので銀行カードローンよりも便利と言えます。

消費者金融にはレディースローンと呼ばれるものもあり、女性でも安心して申し込めると人気です。

お金を貸し付けてもらうことができる金融機関には銀行以外だと消費者金融やクレジットカード等があります。

一昔前は銀行からお金を借りるには時間がかなりかかっていたのですが、最近は銀行でもカードローンが取り扱われるようになったため短時間で借りられるようになりました。

金融機関はお金を貸して利子を付けて返済してもらう事で銀行と消費者金融の金利を比較した場合、消費者金融の金利の方が高ことが一般的です。

ただ、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンというのも存在しますので、必ずしも消費者金融のほうが金利が高いとは言い切れません。

一般的に消費者金融のキャッシングの金利というものは銀行カードローンよりも高金利となる場合が多いです。

消費者金融のキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%を設定していることが多いのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので明らかに低金利なことが分かります。

消費者金融の最大貸出限度額は500から800万円となっていることが多いのですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1 200万円と限度額も高額です。

ですが、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないといった制約がありますが消費者金融のキャッシングの場合は事業用資金に使用できることが多いです。

又、銀行カードローンは同行に口座を開設するなどの条件が付加されたりしますが、消費者金融の場合は預金機能がありませんので、面倒な条件もありません。

複数の消費者金融から融資を受けている人は多重債務者と言って金融業界からはブラックリストに入れられている可能性があります。

飲み会やセミナーでお金を使いすぎてしまったなど予定外の出費が重なると、次の給料日まで生活費が足りないということがあると思います。

そんな時、カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で即日借り入れることができます。

最初はおっかなびっくりな人でも、一度カードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので預金を引き出す感覚で、際限なく借りてしまう人もいるようです。

そんな調子で利用していると、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者に掛け持ちすることになりますから注意して下さい。

現在の消費者金融はクリーンなイメージですがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる暗い業種でした。

当時はバブル経済によって金銭感覚が狂ってしまった人が増加し容易にお金を用立ててくれるサラ金や街金で借金を繰り返していきました。

借りたお金は当然利息をつけて返済しなければいけないのですが気軽に借金する人ほどお金に対する感覚がマヒしてしまっているので当然返済できるわけがありません。

【さら金.online】によると。一方で、サラ金や街金は返済してもらわないと損益が出てしまいますので当時はかなり暴力的な手段で取り立てを行っていたようです。

現在は乱暴な取り立ては法律で禁止されていますので以前のように自宅まで押しかけてきて玄関先で大声で怒鳴るようなことはなくなりました。

住宅ローンは保証人や担保が必要となりますがカードローンはいわゆる無担保ローンとなっています。

住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が起きる可能性はないかをきちん審査する必要があります。

これに対して、カードローンやクレジットカードなどのローンは住宅ローンほど大きな借入額になりませんし、返済期間も短期が一般的です。

ですから、個人の信用情報だけで融資を受けることができますし保証人や担保も必要ありません。

何より、保証人を立ててしまうと審査に時間を要するためカードローンのメリットであるスピード感が失われてしまいます。